Sagittarius 北朝鮮 在日朝鮮人 戦争 政治 話題

北朝鮮 喜び組の役割が別れている?金正恩の夜の奉仕は木蘭組?お気に入りは?

投稿日:10月 1, 2017 更新日:

こんばんは!!




トランプ大統領の圧力が北朝鮮を苦しめています。

金正恩国務委員長が「狂った男」と批判したトランプ大統領。
金正恩はアメリカを憎むあまり自暴自棄になって自殺行為に
突き進んでいるといわれています。

そんな北朝鮮の金正恩を癒すのが喜び組!

北朝鮮喜び組の役割が分かれている?
北朝鮮喜び組の最高欄木は木欄組?
金正恩のお気に入りはだれ?
金正恩本当はアメリカと戦争したくない?

喜び組の実態を解明してみました。




オススメ記事

江原啓之 予言 2018年は爆発がキーワード!?江原啓之が教える厄払いの極意

 

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声

江原啓之2017年予言で北朝鮮戦争を霊視!?2017年の予言がどれだけあたっているのか?

 

北朝鮮喜び組の役割が分かれている?

北朝鮮といえば喜び組の存在が有名ですね。
美女ばかりを集めた喜び組。

芸術好きの金正日の歓心を買うため、党幹部たちが
北朝鮮では最高レベルとされた『万寿台芸術団』の
踊り子などを接待係として、パーティーなどに
動員したのが始まりと言われています。

大阪生まれの在日朝鮮人で、踊り子から
ファーストレディーになった金正恩の母
高英姫も喜び組出身です。

 

 

日本や韓国では北朝鮮の「喜び組」は、金正恩を中心とする
最高指導層に奉仕する組織として知られており、とくに性的な
奉仕をする集団というイメージですよね。

しかし、実態は違うみたいです。

その実体は、最高指導者の身辺補佐をする女性たちの総称。
要はメイドさんみたいなもんでしょうか。

なんと、役割がそれぞれ別れているそうなんです。

マッサージ

スポーツ

公演

性的なサービス

それぞれが専門分野に分かれているそう。

 

しかも金正恩だけでなく、訪朝する外国高官や代表団
にも奉仕しているんです喜び組。

 

イメージと全然違いますね。

 

喜び組=性の奉仕をする人達のイメージでしたから。
そんな身の回りの世話をするような人達がいるとは。

 

しかも、金正恩体制になってから喜び組のメンバーが
一掃されたそうです。
お父さんのお古はいらないという感覚でしょうか。
好みがあるんですねやっぱり。。

 

<オススメ記事>

江原啓之2017予言は当たっていたか?江原啓之2018年の予言はどうなっている?

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声




北朝鮮喜び組の最高ランクは木欄組?

喜び組の中で、最高指導層に性的な奉仕をする組織が
「木蘭組」と呼ばれるといいます。

このグループだけは特別ランク!!。

メンバーは18才から25才までの選りすぐりの美女。

朝鮮労働党の組織指導部第5課という人事を担当
する部署の職員が全国の北朝鮮内の学校を回って
美人学生を喜び組の候補にするのです。

 

一般的な「喜び組」は護衛司令部の警護を受けているが
木蘭組は労働党中央の書記室で直接管理されます。

 

労働中央の書記室は軍の幹部クラスでないと入れない。
そうなると、木欄組は特別クラスの女性だというのが
よくわかりますね。

給与なども将校レベルが保障され、一般の労働者
の2倍から3倍からもらえるそう。

しかも彼女たちは、婚期になると大部分が
護衛司令部所属の
軍官と結婚させられます。

指導層のプライベート情報が駄々漏れをなりますからセキュリティ
チェックが最も厳しい護衛司令官と結婚して情報漏洩を防ぐため。

 

喜び組と結婚した軍官たちの多くがスピード出世していると。
そりゃ、それだけ厳重に管理していたらわらかないですよね。
女性達はそれで幸せなのかがわかりませんが。。

<オススメ記事>

江原啓之2017予言は当たっていたか?江原啓之2018年の予言はどうなっている?




金正恩のお気に入りはだれ?

金正恩はお父さんとは違い、背が高くて美人が好み。

喜び組のメンバーの最低条件は13歳以上、美人で背が高い女性
であることで、選ばれた女性は“重要な国のプロジェクトに
参加するため”友人や家族と引き離され、金正恩氏や北朝鮮の
エリートの元で働くことになります。

やっぱり背が高い女性が条件にはいっています。
これは金正恩の完全なる好み!

 

その中でも最もお気に入りだったのが玄松月(ハン・ソンウォル)

彼女は元々付き合っていた彼氏と金正恩に無理やり
別れさせられたそうでその後 金正恩と付き合う
事になったそう。

玄松月(ハン・ソンウォル)は北朝鮮で芸能活動を
していて歌手や楽団といった主に音楽系の活動を
していたそうです。。

確かにこの女性背が高くて美人!!
だてに芸能活動していただけあります。

こんな綺麗な女性に接待をさせていたなんて。。
なんて酷いやつだ金正恩。。

なんとこの玄松月ですが、金正恩に殺害されて
しまいます彼女でお気に入りなのに。。

 

その理由が、法律違反をしたから。

 

北朝鮮には不思議な法律があります。

 

「性に関する録画物を見てはいけない!」

 

ん???ようは大人のビデオをみるなという
ことですよね。
自分達は喜び組みに性の奉仕をさせてるのに。

なんておかしな法律なんだ。。

玄松月(ハン・ソンウォル)はこのビデオ作成に
関わっていたとして金正恩に殺害されるんです。

え・・・・矛盾しすぎじゃ、、
そこまでする必要があったのでしょうか。

恐るべし北朝鮮。。。

<オススメ記事>

江原啓之2017予言は当たっていたか?江原啓之2018年の予言はどうなっている?

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声




金正恩本当はアメリカと戦争したくない?

トランプ大統領と舌戦を繰り広げている金正恩。
戦争はいつか??と誰もが心配していますが実は
金正恩は戦争したくないという情報が。。

 

アメリカの研究所が次ぎようにいっています。

金正恩はアメリカとの戦争を望んでいない。北朝鮮が
先制攻撃を行えば極めて危険で、金正恩が何より恐れる
政権崩壊につながることが分かっているからだ金正恩にしてみれば、核・ミサイル実験で抑止力を着実に
向上させつつ言葉で威嚇を繰り返すのは、現体制を終わらせ
ようとしているアメリカから自国を守るための現実的なやり方だ。

確かに、ハッタリは北朝鮮の18番!

 

今に始まったことじゃなく、昔からこの手で散々他国を
脅しておいて生き延びてきた国!

 

そう考えると納得ですね。
だって100%北朝鮮まけますし、金正恩は確実に
殺害されるわけだし。
どうあがいても北朝鮮とアメリカでは像とアリの戦い。

素人がみてもわかりますもんね。
やっぱりやらないんだろうな戦争。
ないにこしたことはありませんが。

 

 

 

 

まとめ

北朝鮮喜び組役割が別れている?最高指導層の夜の奉仕は木蘭組?金正恩のお気に入りは?

北朝鮮の喜び組みを解明してみました。
専門分野にわかれてるとは知らなかったですね。
今後も入れ替え戦があるのですかね喜び組は。

ほんとこのまま戦争がなくいってほしいものですね。
最後までお読み頂きありがとうございました。

<オススメ記事>

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声

北朝鮮ミサイルが広島に落ちる可能性が高い?トランプ大統領がいよいよ先制攻撃か?

江原啓之 予言 2018年は爆発がキーワード!?江原啓之が教える厄払いの極意




-Sagittarius, 北朝鮮, 在日朝鮮人, 戦争, 政治, 話題
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

宮根誠司嫌いな理由ぶっちぎり1位は?別居報道がでているが本当なのか?

本日の週刊文春にフリーアナウンサーの宮根誠司さんの 隠し子愛人騒動がでていますが、過去に報じられた件 ですよねこれ。 なんで今更また過去の隠し子騒動がでてるのでしょう?? 関連記事はこちら 宮根誠司の …

まとばゆう さわわ・ネタ動画。経営者ってほんと?

まとばゆう さわわ・ネタ動画。経営者ってほんと? 女芸人のまとばゆうさんってご存知でしょうか? サッカー元日本女子代表の澤穂希さんのモノマネが似すぎ!と話題になっています! まとばゆうさんの「さわわ」 …

小出恵介は帰国子女で英語ペラペラ!動画で観客もビビるその凄さが!

小出恵介は帰国子女で英語ペラペラ!動画で観客もビビるその凄さが! スポンサーリンク 小出恵介さんは爽やかキャラだけでなく実は 貴公子女で英語、中国語、ヒンドゥー語など 3ヶ国語を操るトリリンガルなんだ …

飯豊まりえの涙があざとい!?あざといと言われる理由は?

こんばんは!! 宗教団体『幸福の科学』へ出家した清水富美加と、女優の飯豊まりえの W主演映画『暗黒女子』の初日舞台あいさつが1日、都内で行われました。 満席の劇場を眺め「無事に初日を迎えました!」と笑 …

水原希子事務所クビになるという噂が?早ければ7月末で解雇??原因は?

水原希子事務所クビになるという噂が?早ければ7月末で解雇??原因は?   こんばんは!!   水原希子が7月で事務所をクビになるという噂が。     水原希子と …

■人気の記事

カテゴリー